ちぬ太郎の釣り日誌

エビはたくさん撒きましょう!ゴミはしっかり持ち帰ろう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【海外旅行】 韓国 チェジュ島 1日目

■ 2008.8.22(金) ■


僕にとって初海外しかもご先祖様が眠る 韓国チェジュ島 に出発です。
父、母、姉、姪、妹、私、息子と総勢7名の参加です。

前夜は緊張の為寝れず(まるで遠足前夜の幼稚園児みたいな~~~)
5時前自宅を車で出発です。(兄が不参加の為運転手となり8名がノアに乗り込み関空へ・・・)
平日で早朝の高速はガラ空きのため5:45に関空に着きました。
関空これが5泊6日 7名分の荷物です。
あまりにも早すぎるので人も皆無です。
関空
関空
7時過ぎHISのカウンターが開き航空券を入手し、隣にある大韓航空のカウンターで座席の指定と荷物を預けます。大韓航空
大韓航空

ちなみに大韓航空のゲートは一番端にある為モノレール?に乗って向かいます。
大韓航空
私たちが乗る飛行機は・・・
大韓航空


9:30定刻より5分早く離陸です。
離陸離陸

飛行時間は約1時間10分ほどなので、離陸後直ぐ機内食が出てきました。
機内食こんなもんでしょう飲み物はビールをチョイス
韓国向けバドワイザーさすが!大韓航空、ハングルでバドワイザーメッチュと印刷されてますな~

途中、気流の悪いところでかなり揺れましたが(結構スリルがあり楽しかった)
定刻11時05分無事チェジュ国際空港に着陸です。
チェジュ国際空港
入国審査を済ませ、チェジュ島に足を踏み入れます
チェジュ国際空港
チェジュ国際空港
チェジュ国際空港なんか雰囲気ありますねぇ~!
早速、チェジュ島を代表するトルハルバンがお出迎えです。トルハルバンこのトルハルバンは直訳すると「石のおじいさん」と言う意味でその昔、
チェジュ島にそびえる漢拏山(ハルラサン)には女の気が強い為、霊能者が男を象徴とする石像を建てたと言うものです。
ちなみに、トルハルバンの特徴は男性の性器を表す帽子を被り大きな目鼻にお釈迦様の口。
腕は右が上だと文官、左が上だと武官を表しています。
鼻に触れると男の子を宿すと言う言い伝えもあります。




そうこうしている内チェジュ島に住む親戚の叔父が迎えに来てくれました。右から2人目が叔母、3人目が叔父です。

叔母の車に荷物を積み込み、その車とタクシーで、これから5泊お世話になるホテル?へと向かいます。

僕はタクシーに載りましたがそのタクシーの天井があまりにもゴージャスなんで思わずパチリタクシーの天井どうですか!まず日本じゃお目にかかることは無いかと!?


約1時間ほどでお世話になるホテル?に着きましたが・・・ノゴンモテル♪いわゆるラブホですね
と言っても日本みたいなラブホ程じゃなく旅館、ビジネスホテルに近いですよ!
ノゴンモテル♪

一息ついてまずは、チェジュ島のプッチョン里に居てる叔父さん&親戚一同に挨拶する為タクシー2台を走らせます。
タクシーの天井で、やはり天井はこんな感じで、どうやら韓国の自動車は殆どこんな感じなっていて羨ましい限りです。
30分ほどでプッチョン里に到着!
タクシー料金は、¥9000ウォン日本円で、約900円安っ


ここが叔父さん宅で叔父さん宅♪
裏は海です♪
釣りをする僕にとって最高の場所です♪家の裏窓から竿出して釣りが出来る環境です。チェジュ島の海チェジュ島の海ちなみにチェジュ島の釣りを詳しくちぬ太郎の釣り日誌で報告しています。





昼食を頂く事になり昼から豪勢な食卓です。昼食♪で、メインはリクエストしたチェジュ島の鮑です。アワビの刺身さっきまで活きていた新鮮な鮑!!プリプリ、コリコリで言う事無いですね
鮑のワタは、儒教文化の韓国でも、取り合いになるほどの好物ですが、僕はパスです。
お腹も膨れ近所を散策して思いましたが各家々が、なんとなく沖縄、石垣島っぽく見えるのですが・・・プッチョン里の町並み
プッチョン里の町並み
プッチョン里の町並み
ちなみにチェジュ島には、自販機ちゅうもんが無いんでしょうか?目にすることがありませんでした
公衆電話はこんな感じでしたよチェジュ島の公衆電話利用できる硬貨は、500ウォンから10ウォンでした(10ウォンは日本円で、なんと1円!!!)

これは農協です。チェジュ島にも、在るとは恐れ入りました。(言っても日本の農協とは無関係ですが・・・)チェジュ島の農協




夕方からは、明日の墓参りに持っていくお供え物の調達の為、叔母の運転でスーパーに買い物です。
男の僕は行かなくてもいいのですが、どういった商品を置いているのか興味津々で着いて行きました(気持ち半分は、ブログネタの意味も込めてです。)
スーパー
スーパースーパーと言いましても農協が経営しているようです。



早速、中を覗くと、いやぁ~結構包装ラベルが派手ですね!スーパー雰囲気は、スーパー玉出もしくは万代って言った感じ~



さすが!チェジュ島のスーパーですね蜂蜜の容器が・・・トルハルバンです。


スーパー



キムチ類もこんなに



スーパー



冷凍食品は日本と変わりなく・・・スーパー



韓国のインスタントラーメンですスーパー
美味しそうに見えたので帰国するまでお土産にと思っていましたが、買い忘れてしまいました




たんまりと買い込んでの帰り道の海岸沿いですが何処も溶岩石ばかりです。
その昔、漢拏山(ハルラサン)が活火山だったことを証明していますね~~チェジュ島の海

チェジュ島の海







そんなこんなでアッと言う間に6:30を過ぎています。
とりあえず、明日の墓参りの時間を確認して、ホテルへと戻ります。






帰りのタクシーって言うかチェジュ島のタクシー飛ばし過ぎです
法定速度60kmのところを90~100kmで走るんです
怖くて怖くてホテルに着くまで僕の両足は、思いっきり踏ん張ってました
何とか無事?に宿泊先のホテルに到着!料金は¥10.000ウォン!日本円で¥1.000円!



安すぎるやろ!!!





ホテルで一息ついて夜の食事へと出かけます。
妹と姪は肥えるのを恐れ初日の夜は抜きみたいです。

お店は、ホテルの人の紹介で焼肉店みたいなところに決定!!!

骨付きカルビを注文すると
出てきました!晩ご飯で~す♪ニンニクやらキムチやら野菜やら、あと肉を包むチシャとゴマの葉、それにご飯!
これ全てがサービスで出てくるのですしかも、おかわり自由


で、店員さんが焼きながらハサミでお肉をチョキチョキ
テレビでよく見る光景ですよね


冷麺も食べましたが、日本で食べる冷麺と違いました。
麺が細いんですね!しかも極細!
スープもあっさりでむっちゃ美味しかった


ただ、韓国のビール、なんぼ飲んでも酔いませんおまけに炭酸もあまり効いてないし、苦味は全くありません
韓国のビールは、2日目の記事で登場予定です。


この店でのお会計は、¥135.000ウォン日本円で¥13.500円でした。
この時は、安いなぁ~と皆が口をそろえて言いましたが後に此処がむっちゃ高いと判ったのが2日後、3日後に判明しました。


その辺りは後日アップする記事で判ると思います。







後はホテルに戻り順番に風呂(バスタブと洗い場が別々なのでゆっくりお湯に浸かることができました。)を済ませ

明日の墓参りに備えて早めの就寝です。





その墓参りがどれだけ大変な事か、明日判明する事になろうとは夢にも思わなかった・・・・


2日目に続く・・・・・

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://fishingkansai.blog99.fc2.com/tb.php/105-6cd881e1

 | HOME | 

文字サイズの変更

FC2訪問者

いらっしゃいませ~(^^♪

プロフィール

ちぬ太郎の釣り日誌

Author:ちぬ太郎の釣り日誌
ちぬ太郎の釣り日誌へようこそ。
南芦屋浜で
エビ撒きしてたら
気軽に声を掛けてくださいね。

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

潮見表

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

QRコード

QR

検索フォーム

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。